永久脱毛をしよう

エステでは永久脱毛ができない!?

エステサロンで「永久脱毛」という言葉がよく書いてありますが、実は永久脱毛ができるのは病院だけ(医療行為)にあたるものなのです。
その理由はエステサロンで使っている器械は、本当に永久脱毛ができるほど強い出力がないのです。そのために一般的なエステサロンが指定しているだけの期間で「永久脱毛」ができるのか?というとかなり疑問な点が多いのです。

 

しかし、医療機関での方法も、エステでの方法も実は同じです。
毛根に強い光を当てて、毛根の毛母細胞を破壊していく。同じなのに、どうして医療機関でないと「永久脱毛」にならないのでしょうか?
それは、エステでの光の強さは医療従事者以外でも扱える光の強さに設定してあります。そのために「脱毛」はできるのですが、永久的に毛根を死滅させることはできないために、また毛はそのうち生えてくるのです。
もちろん、次に生えてくる毛は以前よりも毛根はダメージ受けているために、以前と同じ状態ではなく、毛の色が薄くなったり、毛の太さが細くなったりしていきますが。
この状態を何回繰り返しても「完全に永久脱毛」できるまでにはかなりの時間がかかるのです。

 

このような事があるために、本当に永久脱毛を行う必要があるのであれば、しっかりとした医療機関で施術を行うことがとても重要です。


病院でのレーザー脱毛では脱毛できない箇所

実は病院のレーザーは出力が強すぎて、産毛や色の薄い毛の脱毛は不得意としてる場合があるのです。そのために顔や産毛のような毛の施術は断わられる場合があります。
しかし、最近の病院は色々な脱毛器の機種をそろえているために、産毛の場合にはレーザーではなくて光脱毛にしましょう、と提案してもらえる場合があるのです。
確かに機械によって毛質や毛の状態を選ぶことは確かにあるのです。しかし選ぶからこそ、その毛にあった施術をお願いできるクリニックのほうが安心してお任せできますね。

 

また、レーザー脱毛によりメリットがあるのです。
それは毛穴のアポクリンン汗腺にも働きかけられる、という事です。
このアポクリン汗腺というのは、ワキガなどの「匂い」の原因になると言われています。
ですので、ワキガの治療はこのアポクリンン汗腺を取り除くものになります。しかし、脇のレーザー脱毛を行うだけでかなりの匂いの軽減になると言われています。

 

また、腕などに出来てしまったシミなどを破壊してくれる力があるのです。
その理由は「メラニン色素にレーザーが反応するから」です。
もしも気になるシミが腕などにある場合にはぜひ、お医者さんに相談をしてみてはいかがでしょうか?良心的なお医者さんなら、施術時に同意にシミの部分も照射してくれますよ。


レーザー脱毛はどうして脱毛ができるの?

医療機関で使える「レーザー脱毛」の仕組みについてお伝えしましょう。
まず、医療レーザーは特定の色に反応する、という特性があり、脱毛はその特性を生かして、黒い色素にだけ反応するレーザーを使っています。
ですので、黒いもの以外にはダメージを与えることがないため、肌に悪い影響は出ないのです。
その反応する力は凄く、毛を根元で剃ってしまっていても、しっかりと黒い毛に反応するほどのなのです。

 

脱毛したい部分にレーザーを照射するとどうなるのでしょうか?
まず、毛根に存在しているメラニン色素に光のエネルギーが集まり、その奥にある、毛母細胞(毛を作り出す細胞です)をその光のエネルギーで破壊するのです。
そのためにその毛はそこにとどまることができずに、抜け落ちていくのです。

 

光を肌に照射するだけなので、本当にスピーディに脱毛ができるのが特徴となります。
また、一回の照射で直径一センチほど脱毛ができるのです。そのために両脇の脱毛も10分ほどで完了します。

 

また、トータル的に完全に脱毛が終わるまでの期間ですが、毛には休止期というのが存在するので、何度も施術をしないと全ての毛根を破壊することはできないのです。
ですので、1年ほどはかかると考えていただけると良いと思います。